生活向上

【初心者向け】高級デスクチェアの選び方(1)

突然ですが、デスクチェアが壊れました。

どこにも製品型番や、メーカー名すら書かれていないので、いつ、どこで、いくらで購入したかすら定かではないのですが、背もたれがやられてしまいました。

一万円に満たないものだとおもうので、もともと耐久性はなかったとおもいますが、コロナ後の1年数ヶ月で、日中の利用頻度が格段に多くなり、おまけに夜間は背もたれに思いっきり寄りかかってNetflixなどをみていたものですから、あっさりと限界に達したんだと思います。

値段の割には、アームレストの位置もちょうどよく、寄りかかったときにも適度の反発力があって 結構気に入っていたのですが残念です。

背もたれと土台をつなぐバネを覆うプラスチックが割れてしまっている。
寄りかかると、左側だけグラグラ動いて不安定に。

この機会に、在宅勤務をサポートしてくれる良い椅子を購入したいと考えました。

長時間作業をしていても腰が痛くならないようにサポートしてくれ、かつ、くつろぐときに頭や首を支えてくれるものがベストです。

キーボード、モニター、卓上昇降デスクと、かなり投資をしてきましたが、最後の仕上げになるかと思います。


まず、高級な椅子を買いたいと思った場合、オフィスチェアとゲーミングチェアの大きく2つの選択肢があります。

それぞれの特徴と違いについては、こちらのサイトの記事によくまとまっています。

非常に簡単にまとめると以下のようです。

オフィスチェア
ゲーミングチェア
シート形状
ホールド感弱し
バケットシート(ホールド感強し)
ヘッドレスト
ヘッドレストと背もたれ部分が別々
背もたれシートが頭部まで伸びている。可動式クッション付き
リクライニング角度
120〜160度程度
180度フルフラット

今回、我が家にはどちらが適しているでしょうか。

まずは、高級オフィスチェアからみてみましょう。


高級オフィスチェア

10万円近くする高級オフィスチェアといえば、特に有名なのは以下の4ブランドでしょう。エルゴノミクスに配慮しているきちんとした会社では、社員が知らないうちに、これらのどれかが用意されていたのではないでしょうか。

OKAMURA
オカムラ
Ergohuman
エルゴヒューマン
Harman Miller
ハーマン・ミラー
Steelcase
スチールケース

OKAMURAはもちろん日本のメーカーですが、実はErgohumanも関家具という、家具で有名な福岡県大川市の日本のメーカーです。Harman MillerとSteelcaseは、アメリカ・ミシガン州の企業です。ミシガン州には、日本でいう大川市のような、家具メーカーの集積地たるなにか理由があるのでしょうか?さてこれら4社の代表的な製品は以下になります。

メーカー
OKAMURA
商品名
コンテッサ・セコンダ
価格
130,000円前後
写真
商品公式ページ
メーカー/ブランド名
Ergohuman
商品名
Enjoy
価格
70,000円前後
写真
メーカー
Harman Miller
商品名
Aeron Chairs(アーロン)
価格
110,000円前後
写真
商品公式ページ
メーカー
Steelcase
商品名
Leap(リープ)
価格
110,000円前後
写真
商品公式ページ

その他、こちらのサイト(オフィスコムhttps://www.office-com.jp/products/list4022.html)によると、4−5万円台の製品であれば、ITOKIやPLUSなどのメーカーがあるようですが、あまりしっかりとしたヘッドレストがついていません。


高級ゲーミングチェア

高級ゲーミングチェアで有名、もしくは店頭で見かけるのは以下です。

AKRACING
エーケーレイシング
DXRACER
ディーエックスレーサー
noblechairs
ノーブルチェアーズ

AKRACINGは、ゲームマニアとして有名な本田翼がTVCMで宣伝していますね。

どのメーカーも 主力製品の価格帯は4万〜6万円程度のようです。各社とも、価格帯・機能ともにさまざまなバリエーションがあり、下記はあくまで一例です。

ARCRACING
DXRACER
noblechairs
代表的な機種
Nitro V2
Valkirie
EPIC
価格
44,000
45,800
55,000
写真
公式サイト
Link (日本代理店アーキサイト)

 


さて、今回オフィスチェアとゲーミングチェアのどちらを選ぶかですが、まずはじめに気になったのは、大きさと重さです。

種別
オフィスチェア
ゲーミングチェア
メーカー・機種
Ergohuman ENJOY
noblechairs EPIC
重量
24.8kg
約27kg
大きさ
H1110~1310
W670×D660mm
H1265-1330
W670 x D565mm

カタログ上の重量・大きさ比較では、それほど差がないのですが、ゲーミングチェアは、構造物の隙間なくガッシリとしたつくりが、部屋に置いたときに圧迫感があるように思いました。それに対してオフィスチェアは、座面や背もたれがメッシュ素材になっていて蒸れにくく、透けている分、見た目の圧迫感が少ない印象です。はじめはヨドバシで体験したnoblechairsを候補に考えていたのですが、オフィスチェアを見てからは、部屋の狭さと圧迫感を考えると、オフィスチェアのほうが向いているように思いました。

そこで高級オフィスチェアを中心に、シュールームを見て回ることにします。

選び方で気をつけた点については、次の記事でご紹介します。