AdGuardは安全なアプリか?Googleアナリティクスで自分のスマホアクセスを除外する方法

ブログ制作

Googleアナリティクスでアクセス分析をするようになって悩むのが、自分のスマホからのアクセスをどう除外するかです。「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」が使えないスマホでの対策に有効とされているのが「AdGuard」というアプリです。その有効性について調べてみました。

スマホ対策は相当やっかい AdGuardとは?
AdGuardのインストールと設定
恒久的な対策は?

スポンサーリンク

スマホ対策は相当やっかい AdGuardとは?

自分のMacからのアクセスは、Google提供の「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」で簡単に除外できました。
問題なのは、スマホでの表示を検証するときに必要なiPhoneからのアクセスです。
自分のiPhoneからのアクセスを、Googleアナリティクスのアクセス数から除外できないか方法を探ります。

「google アナリティクス オプトアウト iPhone」というキーワードで検索すると数多くヒットするのは、「AdFilter」なるアプリの紹介記事です。

しかし、このソフトをインストールしようとしても、iPhoneのApp Storeには もはや存在しません。
そうかといって、Google提供のアドオンは、iPhone内のGoogle ChromeやApple Safariにはインストールできません。

そんな中見つけたのは、AdGuardというアプリです。

最近更新されたいくつかの記事でも、紹介されています。

例)アナリティクスの自分のアクセスの除外方法【PC・android】

もともと、「AdFilter」のような広告ブロック アプリをインストールすることは、セキュリティ上問題があるとの指摘があり、利用するのはかなり抵抗感はあります。

とはいっても、試してみないと真偽の程はわかりません。
一応ホームページでAdGuard社の情報を調べてみることにしました。

一番下の中央「サイトマップ」をクリックするとメニューが開き、「AdGuardについて」という会社紹介らしきページを見つけることができました。下のほうに降りていっても、会社情報がどこにもありません。ちょっと不安です。


よく読んでみると、ロシア発祥、キプロスに本社を置く企業のようです。

「キプロス」?この時点で不安は拭えません。

私たちの拠点は?
 
AdGuard Software Limited 本社: Office 1, 3rd floor Panayides Building, Chrysanthou Mylona St., 3030, Limassol, Cyprus

しかし、簡単に自分のスマホアクセスをGoogleアナリティクスから除外する方法はどうしてもほしい。

危険を感じたらアンインストールすればいいと、思い切ってインストールしてみることにしました。

AdGuardのインストールと設定

以下がAdGuardのインストール手順です。

注意しなければならないのは、このアプリは、iPhoneのSafariブラウザからのアクセスを除外するものです。Google Chromeなど、その他のブラウザ向けではありません。

アプリを起動すると利用規約とプライバシーポリシーにチェックするよう求められます。 その後、iOSの設定で、Safariの機能拡張の設定変更をするよう求められます。
iOSの「設定」を開き、ずっと下にスクロールして「Safari」を開きます。
「機能拡張」をクリックします。
先ほどの指示によると、これらスイッチをすべてオンにせよとのことですが、どれがどんな機能を提供しているのかまったくわからず、若干抵抗を感じます。

6つある機能のうち、どれにGoogleアナリティクスオプトアウト機能が含まれているかわからなかったのでいろいろと組み合わせを試しましたが、結局「AdGuard-Privacy」に含まれているようです。

「AdGuard-Privacy」だけオンにしたあと、「これらの機能拡張を許可」をオンにします。
Googleアナリティクスの「リアルタイムレポート」を開いてから、iPhoneのSafariで自分のブログにアクセスし、計測されないことを確認します。

テストするときは、iPhoneを「機内モード」にして、Wi-Fi接続のみにすることを忘れずに!

恒久的な対策は?

とりあえず、iOS用AdGuardでiPhone Safariからのブログアクセスは、Googleアナリティクスの計測から除外できることは確認できました。しかし、この企業が何を目的にこのアプリを提供しているのか、本気で課金して利益をあげようとしているのか、こちらのブログを読んでみても謎が深まるばかりです。

iOS用AdGuardとAdGuard Proの機能概要|詳しい使い方

Android版も提供しているようです。(リンク
試してはいませんが、おそらく同じように設定できるのでしょう。しかし謎は残ります。

現時点(2022年2月26日)では、AdGuardでオプトアウトできています。

広告ブロック」の周辺では、プラットフォームベンダー同士の熾烈な争いが生じており、そもそも広告ブロックを行うようなアプリをAppleが許し続けるのか?という将来的な見通しの不透明感もあります。

参考記事)アップル「IDFA」変更で広告業界騒然、フェイスブック猛烈抗議 (2021.1.20 )

恒久的な対策としては、Googleアナリティクスが提供しているIPアドレスフィルターを使うしかないかもしれません。

その手順については、別途書きたいと思います。

関連記事)自分のサイトアクセス数を除外する Googleアナリティクス IPアドレスフィルターの使い方

ブログ制作
スポンサーリンク
ビビーノ・ワイン
タイトルとURLをコピーしました