テック

macOS Big SurでMT4を無料で動かす。WineskinServerの設定方法【完全版】

FX取引をするのに多くの方が使っているツールMT4。残念ながらMac環境では、ツールを提供しているFX業者が限られていたり、通貨ペアや機能が制限されていたりして、その性能を十分発揮できません。

お金を払って解決するなら Parallels Desktopか、CrossOverを使えばいいのですが、MT4だけを動かすために年間数千円を払うのは、ちょっともったいない気がします。それぞれ2週間限定の評価版を使いつつ、どちらにするか決めかねていました。

なにか良いツールはないかと探し続けていたところ、PC Watchのこんな記事を見つけました。

無料でWin32/64アプリがBig Surで動作! Apple M1も対応の「WineskinServer」

試してみたところ、うれしいことにMT4を稼働させることができました。しかも無料で!

備忘録として、以下に設定方法を書き残しておきます。


まず、WineskinServerを利用するときの用語解説から。

Engine:WindowsOSの代わりとなり、Windowsアプリを動かせる土台

Wrapper : WindowsアプリとEngineをパッケージ化したもの。

Wineskin Winery:Windowsアプリや Engineのセットアップを管理

図にするとこんなイメージでしょうか。

そしてインストール手順は大きく5つに分かれます。

1.Wineskin Wineryのインストール

2.Wineskin Wineryの設定(実行Engineと Wrapperの選択)

3.Wrapperの作成

4.WrapperにWindowsアプリをインストール

5.Windowsアプリの設定(設定ファイルなど)

一つづつみてみましょう。


1.Wineskin Wineryのインストール

GitHubのプロジェクトページから Wineskin Winaryの最新版をダウンロードします。

Wineskin.Winery.txz形式のファイルなので、ダブルクリックして解凍し、Wineskin Winery.appに直します。

2.Wineskin Wineryの設定

Wineskin Winery.appを起動し、設定を開始します。具体的にはEngineとWrapperの選択です。

普通に起動してもエラー
右クリックして「開く」

Wineskin Winery初期パネル。

New Engine(s) available!の左側にある[+]をクリックすると、Engineを選ぶことができます。

通常は表示されているものをそのまま選んで[Download and Install]します。

次はWrapperのインストールです。

[Update available!] の左の[Update]を押して Wrapperをインストールします。

EngineとWrapperのインストールが完了しました。

3.Wrapperの作成

Windowsアプリをインストールする場所”Wrapper”を作成します。

一番下の「Create New Blank Wrapper」をクリックし、任意のWrapper名を入力します。

ここでは”Saxo_MT4″を入力しました。
作成には少し時間がかかります。

Wrapperの完成です。「View wrapper in Finder」を押して中身を確認します。

4.Windowsアプリのインストール

このWrapperは、まだアプリが入っていない入れ物なので、MT4のアプリをインストールします。

“Saxo_MT4” をダブルクリックしてWrapper を起動し、[Install Software]をクリックします。

[Choose Setup Executable]を押します。

インストールしたいアプリのインストーラー(.exe)を選択

Windowsアプリのインストーラーの指示にしたがってインストールします。

インストールが完了後、アイコンをダブルクリックすると、どのexeファイルで起動するか聞いてきますので選びます。

5.Windowsアプリの設定(設定ファイルなど)

アプリケーションの設定ファイルに手を加えなければならない場合の探し方は、

「アプリケーション」–>「Wineskin」の下で 先ほど作成したWrapperアプリを探します。

そのWrapperアプリを右クリックして「パッケージの内容を表示」

drive_C –> Program Files(x86) –> (アプリケーション名) で目的のファイルの場所にたどり着けます。

macOSのファインダー上でファイルを操作すれば、Windowsアプリにも反映されます。