テック

なんとなくわかった気になる Apple MusicとSpotifyのレコメンド機能の違い

2020/7/18に初めてSpotifyの無料体験をしてからはや1年近く経ちました。

長年使っていたApple Musicとサヨナラし、3ヶ月の無料体験を経て10/18から本契約、翌 11/8には娘も使いたいというのでDuoプランに、そして妻も使うというので、それから2週間も経たない11/17には、Family Plan に格上げし、毎月  1,480円を払うことになりました。(なんかいつのまにか 1,580円に値上げしていますね)

出典: Spotify

なぜそこまで一気にSpotifyファンになったのか?

それはおそらく、その強力なレコメンド機能にあるのではないかと思います。

皆さんが音楽配信サービスを比較するときに典型的な項目は、おそらく以下のようなものではないかとおもいますが、どこも似たりよったりで意味ある差異はありません。

Apple Music
Spotify
Prime Music
料金
980円
980円
追加料金なし
※Amazonプライム加入必須
楽曲数
7500万曲
5000万曲
200万曲
無料期間
3ヶ月
3ヶ月
30日

楽曲数も たいていの人は自分が聞きたいアーティストが入っているかどうかがメインの関心であって、200万曲だろうが5,000万曲だろうが実際はどうでもいいのです。

だいたい、3分の曲が  5,000万曲あったら、3分 x 5,000万=1億5,000万分=250万時間=10万日=285年(!)で、一人の人間が生きている間にすべて聴ける曲数ではないではないですか!(笑)

同じようなサービスなのに、なぜ長年使っていたApple MusicからSpotifyに乗り換えたのか?

それはずばり、新しい音楽の発見という楽しみが感じられなくなり、利用しなくなってきたからです。

Apple Musicにもヒットチャートやプレイリストが公開されていますが、どれを聞いても自分の好みに合わず、長く聞いていられない。本来音楽大好きで、ポップス、洋楽、ジャズ、クラシックと幅広く聴いていたのに、生活から音楽がなくなってしまった。とても悲しいことです。

そんなとき、Spotifyでも試してみるかと3ヶ月の無料視聴に申し込んでみたら、見事にハマってしまったのです。

その理由はなんでしょうか?

それは、質の高いプレイリストの圧倒的な数と、曲やプレイリストを適切なタイミングで提示してくれる強力なレコメンド機能なのではないかと思っています。

2018/2のこの記事にかかれているように、「Spotifyでズバッと好みの曲を当てられたユーザーは、 その瞬間に畏敬の念を抱く」、まさにそのとおりなのです。

Spotifyのレコメンドロジックについて語り尽くす

私の場合は、Netflixで韓国ドラマ「キム秘書はなぜ?」にハマった時期があり、その延長でSpotifyでOST( Original Sound Track)を頻繁に聴いていました。するとある時、突然Spotifyが Hansalchayiという韓国の女性シンガーの「Tingling」という曲をオススメしてきたのです。

「Hansalchayi」って誰?

「Tingling」ってなんて読むの?

と思いつつ、再生してみると、スローテンポでささやくようなきれいな声で、それがものすごく心地よい。

よくよく調べてみると、この曲は 韓国の「Poem in A Day 」という2018年の医療ドラマの中で使われていた挿入歌らしいのですが(リスト)、こんなの絶対自分じゃ探せるわけない!Apple Musicでは絶対出てこない!

これが テクノロジーのすごさ、恐ろしさを実感し、Spotifyに畏敬の念を抱いた最初の瞬間でした。

2020/4/2にはこんな記事がありました。

音楽サブスクの2トップ、SpotifyとApple Musicのレコメンドシステムはどう違う?

 

「機械学習」と「深層学習(デープラーニング)」の違いが関係しているのかもしれません。