謎が多い仕様の変更点:M2 Macbook Airは本当に買いなのか?

Mac至上主義

日本時間の今朝(6/7 2:00am)に発表されたAppleの新製品 M2 Macbook AirとMacbook Pro。

価格をみて「えっ!?」「おやっ?」と思った人が多いのではないのでしょうか? 仕様を調べていくと疑問はさらに広がります。M2 Macbookは買いなのか、M1 Macbookと比較してみます。

「えっ!?」「おやっ?」の理由は
Macbook M1とM2の主な差は?
結論:現時点でのおすすめ機種は

スポンサーリンク

「えっ!?」「おやっ?」の理由は

日本時間の今朝、AppleのWWDCが開催され、Macの新機種が発表されました。

まず皆(日本人)が、「えっ!?」っと驚いたのがM2 Macbook Airの価格だと思います。

私は今年の4月にMacbook Air M1 2020 (8GBメモリ、256GB SSD)を学割価格で税込 103,810円で購入しましたが、新しい Macbook Air M2の最低価格は、164,800 円。学割でも150,800円もします。

いつのまにか、M1 Macbook Airの価格も上がっています。定価で134,800円、学割でも 120,800円です。円安の影響を多分に受けているとはいえ、たった2ヶ月で17,000円の値上げです。

価格差に見合う性能アップがあるのか?というのが、購入を検討している人の最初の懸念点になるでしょう。

M1 Macbook Air M2 Macbook Air

一方、「おやっ?」とおもった人は、「Macbook Air」と「Macbook Pro」の価格差をみたのではないでしょうか。

ぱっと見た限りでは AirとProの間に、GPUのコア数以外の明確な違いは見当たらず、価格差も 14,000円しかありません。

これまでは、AirとProの価格差は 2-3万円近くしていたはずで、それに見合った性能差がありました。

この価格設定は不思議です。

M2 Macbook Air M2 Macbook Pro

Macbook M1とM2の大きな差は?

さて、価格設定のねじれを引き起こす、性能の差はどこにあるのでしょうか?

3機種で比べてみました。赤字の部分は他の機種に比べて良いと思った点です。

M1 Air
M2 Air
M2 Pro
仕様
価格
134,800
164,800
178,800
CPU
M1  8コア
M2  8コア
M2  8コア
GPU
7コア
8コア
10コア
ディスプレイ
13.3インチ
13.6インチ
13.3インチ
バッテリー
最大15時間のワイヤレスインターネット
最大15時間のワイヤレスインターネット
最大17時間のワイヤレスインターネット
カメラ
720p FaceTime
1080p FaceTime
720p FaceTime
電源
Thunderbolt / USB 4
Mag Safe 3
Thunderbolt / USB 4
Thunderbolt / USB 4
大きさ
高さ:0.41~1.61 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.29 kg
高さ:1.13 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.5 cm
重量:1.24 kg
高さ:1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.4 kg

1.処理性能はどこまで必要か?

事務処理を行う分には、Macbook Air M1でも十分すぎるほどですが、それに更に1.4倍の性能アップがあるとのこと。

これが必要な人は、動画編集などを行う人なのでしょうか。

2.電源アダプターは時代に逆行?

外部接続、充電ポートとして、Thunderbolt / USB 4が2ポートついていますが、Macbook AIr M2にのみMag Safe 3充電ポートがついています。Macbook Pro M2にはついていません。これも不思議な点です。

Macbook Air (M1)
Macbook Pro(M2)
Macbook AIr (M2)

3.なぜMacbook Air M2 だけカメラが高性能?

Macbook Air M2のみ1080p FaceTimeカメラになっています。

4.マルチディスプレイはやっぱりできない?

M1のときは、外付けディスプレイの最大接続数は以下のようになっていました。M2ではどのようになっているのでしょうか?まだ情報がありません。

M1 Ultra
最大 5 台
M1 Max
最大 4 台
M1 Pro
最大 2 台
M1 (iMac、MacBook Air)
最大 1 台
M1 (Mac mini)
最大 2 台

参考)Mac にディスプレイを接続する

5.形はMacbook Air M1のほうが好き

Macbook Air M1のデザインは 蝶番側が1.61 cm、手前側が0.4cmと先が細くなっていてスタイリッシュでした。

Macbook M2は、AirとPro で厚みは違えど、均一な厚みになっています。

M1 Air
M2 Air
M2 Pro

結論:現時点でのおすすめ機種は

CPU,GPU性能の向上によるマシン自体の性能差をみないことには、現段階では、Macbook Air M2を「おすすめです」と断定するのは時期尚早のようです。

ゲーマーや動画編集者でない限り、事務作業、もしくは動画視聴に利用するくらいの大多数の方には、Macbook Air M1 2020で十分な気がします。

実際に販売開始されてから、評価レポートをみて判断したいところです。

Mac至上主義
スポンサーリンク
ビビーノ・ワイン
タイトルとURLをコピーしました