要注意!Netflixのプラン変更時の料金計算。○○○が変わります。

話題のサービス

皆さんおなじみのNetflix。契約期間の途中でプランをアップグレード、ダウングレードしたときに、「新しい料金はいつから適用されるの?」と疑問に思われたことはないでしょうか?考え方は意外とシンプル。Netflixでのプラン変更時の課金の考え方について解説します。

スポンサーリンク

Netflixの新料金体系

2022/11/3から、日本においても広告つきベーシックプランの提供が開始されました。
Netflixの「広告つきベーシックプラン」、日本で11月3日提供開始 (ITmedia)
このNetflixの広告つきベーシックプランの開始により、Netflixの料金体系は以下のようになりました。どのような画質か、同時に何台で利用するか、広告つきかどうかで料金プランが4つに分かれています。
Netflixの料金体系
広告つきベーシック *1 ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金(税込) 790円 990円 1,490円 1,980円
画質 標準画質(SD) 標準画質(SD) 高画質 (HD) 超高画質(4K)
同時視聴機器数 1台 1台 2台 4台
ダウンロード 不可 同時に1台の対応デバイス 同時に2台の対応デバイス 4台の対応デバイス
*1 )一部の映画やドラマに視聴制限あり (詳細はこちら)
(出典:Netflix 2023/1/3現在)

実は、主要な動画配信サービスの中で複数の月額料金プランを持っているのはNetflixだけです。Amazon Prime Video、Hulu、ディズニープラスなど他の動画配信サービスでは、年間契約はあるものの、複数の月額料金プランを提供していません。

<主要動画配信サービスの月額料金>  2022/1/6現在

配信サービス 月額 備考
Amazon Prime Video 500円 年間契約は4,900円
Netflix 790円〜 790円は広告つきプラン
Hulu 1,026円 Huluストアの作品は別途課金
ディズニープラス 990円 年間契約は9,900円

この違いにより、Netflixでは、「契約途中でプランを変えたらどうなるのか?」問題が起こります。

Netflixのアカウント共有機能

Netflixの上位プランは、他の動画配信サービスと比べて料金が高いです。
利用者としては、できるだけ月額料金を抑えたいので「1つのアカウントで複数の人がNetflixを楽しむ方法はないの?」と考えます。
実は、Netflixではプランをアップグレードしなくても、同一世帯の複数の人がサービスを利用する方法があります。
Netflixの「アカウント共有」機能を使うのです。
この機能を使うと、990円のベーシックプランでも「プロフィールの管理」で家族別々のプロフィールを作成でき、それぞれが自分のプロフィールで視聴できます。
Netflix(ネットフリックス)でアカウントを共有する方法(applio)
Netflixでは同一世帯の家族でアカウントを共有できる
Netflixベーシックプランでのアカウント共有
ただし複数の人で1つのアカウントを共有していても、ベーシックプランでは、同時視聴機器数は 1台、ある時間帯に見られるのは1人のみです。誰かが視聴していた場合、他の人はその時間帯にコンテンツを視聴できません。
ベーシックプランで同時に視聴できるのは1台(1人)のみ
Netflixベーシックプランでの同時視聴は1台
複数の人が同時に視聴したい場合には、上位のスタンダードプラン、もしくは、プレミアムプランを契約する必要があります。
しかし、月額1,490円(スタンダードプラン)もしくは、月額 1,980円(プレミアムプラン)を毎月払い続けるのはなかなかしんどいでしょう。
また、家族の中で複数の人が同じ時間帯にNetflixをみることが、1年中あるとも思えません。
必要に応じて、月ごとにプランのアップグレードやダウングレードを行うことにより、料金の払い過ぎにならないように工夫することになります。

Netflixで料金プランを変更すると何が起きるか?

それでは、Netflixの契約期間の途中でプランをアップグレード、ダウングレードすると何が起きるのでしょうか?
残額がどう処理されるのか、契約更新日がどのようになるのか気になる人もいるでしょう。
実は、アップグレードするときとダウングレードするときでは、考え方が異なります。

1.アップグレードする場合
2.ダウングレードする場合

1.アップグレードするとき

ネットで調べると、2,3年前のブログで「契約変更後、上位プランがすぐ利用できて、料金の変更は次の更新日から。なのでお得です。」と書いてある記事がありました。実はこれは間違いです。

では実際に、契約更新日前にアップグレードしたらどうなるのでしょうか?

正解は、Netflixのサイトに書いてありますが、

より高い料金プランに変更する場合は、新しいプランが即時適用され、さらに多くの機能をご利用いただけます。Netflixは前払い式のサービスであるため、請求日は前回のお支払いの残高に応じて変更されます。変更前の請求日に戻す方法については、「請求日の変更方法」をご覧ください。

請求日は前回のお支払いの残高に応じて変更されます。

わかりにくいので例を挙げましょう。

私の場合、ベーシックプランを利用していて6月15日が次の契約更新日でした。

契約途中の5月31日に契約をベーシックからスタンダードにアップグレードしたら、更新日が5日間も前倒しされ、6月10日になりました。なぜなのでしょうか?

この理由は「新しい料金プランの日額料金で、月契約の残額の日割り計算が行われ、残額を消化し終わった翌日が次の更新日となる」からです。

わかりやすく図解するとこんな感じです。

私の場合、5月31日は、ベーシックプラン 990円の契約期間のちょうど真ん中だったので、残額は  990円/2=495円でした。

ベーシックプランの日額は 990円/30日=33円なので、もしそのままベーシックプランを使っていたら、残額の495円を33円で割って495円/33円=15日。次の更新日は半月後の6月15日です。これは当然ですね。

ところが、スタンダードプランの日額は 1,490円/30日=49.7円 約50円です。

この高い方の料金で、残額の日割り計算が行われたのが、契約更新日が変更された理由です。

残額 495円を スタンダードプランの日額で割ると、 495円/50円=9.96日になります。

よって、スタンダードプランに契約変更した日(5月31日)から10日後の6月9日に、ベーシックプランの残額が尽き、翌日の6月10日から上位のスタンダードプランで次の更新月が始まったのです。わかってしまえば単純ですね。

2.ダウングレードするとき

ダウングレードするときは、更新日は変わりません。

この場合は、安いプランの料金体系がすぐに適用されるわけではなく、日割りの料金計算は行われません。

次の更新日まで、現在のプランを利用したあと、次の更新日からダウングレードしたプランの料金がかかります。


まとめると、

・アップグレードした場合は、高い方の料金プランがすぐに適用され、日割りで前のプランの残額を消化し終わったあと、更新となります。(更新日が変わります
・ダウングレードした場合は、高い方の料金プランを次の更新日まで利用したあと、安い方の料金プランが始まります。(更新日は変わりません

となります。

よく携帯電話や光回線などでは、「契約初月は料金が無料になるので月初に契約がお得」のようなことがたまにありますが、Netflixではそのようなことはありません。

月初でも、月中でも、サービスを利用しはじめた日から料金プランに応じた料金が1ヶ月分請求されます。途中でアップグレードしたときは、残額は利用する上位サービスの日割り料金で精算されていくのです。下位のサービスに変えても、払い戻しや期間延長はありません。

請求日は変更できる!

料金プランのアップグレードで、請求日が月中の変な日に設定されてしまい、気持ち悪い人もいることでしょう。

最近のNetflixでは、請求日が変更できるようになりました。

請求日を変更すると、新しい請求日までの日数分が即座に請求されます (例: 請求日を1日から10日に変更した場合、最初の10日分が請求されます)。

デビットカード、クレジットカード、PayPal (該当する場合) で支払う場合に限定されてしまいますが、他の料金支払と日にちを揃えたい場合には、以下の手順に沿って手続きしてください。

請求日の変更方法」(出典:Netflix)

 

タイトルとURLをコピーしました