テック

ふるさと納税返礼品のラッシュに備える 家庭用小型冷凍庫のおすすめ

ふるさと納税の年末駆け込み寄付が昨日終わりました。
年末に一度に寄付したお礼の返礼品がこれから大量に届きます。
特に問題となるのは冷凍で送られてくる食料品の扱い。
正月三ヶ日用の冷凍食材が入っている家の冷蔵庫には、とてもじゃないですが入りません。冷凍品をストックするための家庭用小型冷凍庫のおすすめについて緊急調査しました。


昨年12月は、ふるさと納税の寄付控除上限額を使い切れるよう、大量の食材をゲットしました。
評判の良い、おいしそうなものを選んでいくと、どうしても冷凍保存のものが多くなってしまいます。

ハンバーグ、長崎ちゃんぽん&皿うどん、うなぎ、中華食材、魚の西京漬け、モツ煮込み、アップルパイ・・・などなど。

多いものは4−6食分入っており、これらをすべて受け入れられるほど、我が家の冷蔵庫の冷凍室は容量がありません。

我が家の冷蔵庫は、2008年に発売されたパナソニックのNR-E433T

全体427Lでそこそこの大きさに思えますが、新鮮凍結ルーム23Lと冷凍室 90Lをあわせた容量は 113L。
しかし中の仕切り板などがあり、実際に食品を保管できるスペースは 14L + 58Lの72L分しかありません。

冷蔵室
214L(チルドルーム22L)
製氷室※1
13L<6L>
新鮮凍結ルーム※1
23L<14L>
冷凍室※1
90L<58L>
野菜室※1
87L<60L>

※1 <>内の数字は食品収納スペースの目安

ここに先の冷凍品が大量に流れ込んできたら完全にアウトです。

早急に冷凍庫の追加容量を確保しなければなりません。
食品が届き始めるまであと数日しかありません。緊急調査してみました。

必要な容量の計算
家庭用小型冷凍庫の選び方
ドア開閉方式
冷凍方式
2万円前半までの機種のおすすめは?

必要な容量の計算

これから届くものは、過去にも返礼品でもらったことがあるものがあり、だいたいの大きさがわかります。
それらから、必要な容量を計算すると以下のようになりました。1L = 1,000 平方cmです。

全部を一度に保管するとなると、最低でも容量50L以上の冷凍庫が必要となります。

横(cm)
縦(cm)
厚さ(cm)
単品容量(L)
個数
全体容量(L)
長崎ちゃんぽん
15
20
8
2.4
2
4.8
皿うどん
15
20
10
3.0
2
6.0
アップルパイ
8
12
8
0.8
12
9.2
中華食材
15
20
3
0.9
5
4.5
ハンバーグ
12
15
2
0.4
6
2.2
モツ煮込み
15
20
3
0.9
5
4.5
魚西京漬け
8
12
2
0.2
12
2.3
うなぎ
15
20
2
0.6
2
1.2
食宅便
30
20
3
1.8
7
12.6
47.3 L

 

家庭用小型冷凍庫の選び方

冷凍庫には、「ドアの開閉方式」と「冷凍方式」によって、それぞれ2種類の選択肢があります。

・開閉方式の違い

ドア式(横開き)
チェスト式(上開き)
メリット
正面から中身の確認ができる。
冷凍庫の上に物が置ける
手前に開閉のためのスペースを必要としない。
デメリット
冷凍庫の手前にドア開閉のためのスペースが必要
上から中身が確認しづらく、取り出しが難しい

・冷凍方式の違い

直冷式
ファン式
メリット
パワーが強く、冷却効率がよい
霜が発生しないので手入れの必要が少ない
デメリット
霜が付きやすいため、霜取り作業が必要
消費電力が大きめ。

 

2万円前半までの機種のオススメは?

今回の目的は一度に大量に届く冷凍品を一時的に保管する場所なので、

・必要以上の容量は不要。(大型家電を置きたくない)
・一時保管の目的のためにあまりお金をかけたくない(本体と電気代)
・一時保管目的なので、何度も頻繁に開閉しない。霜取りも苦ではない。

というわけで、まずは価格.comの冷凍庫売れ筋ランキングで価格が安いものから順に見ていきます。最安値は 2022/1/2現在です。

メーカー
型番
最安値
容量
高さ
奥行
重さ
開閉式
消費電力(年)
アイリスオーヤマ
17,424
60L
480
850
500
26kg
右開き
132kWh
ハイアール
22,521
102L
500
990
550
34kg
右開き
193kWh
アイリスオーヤマ
22,095
85L
550
845
582
32kg
右開き
171kwh
アイリスオーヤマ
20,020
100L
565
850
523
26kg
上開き
260kWh
ハイアール
17,730
66L
440
855
560
28kg
上開き
143kWh
ハイアール
18,172
103L
570
885
565
34kg
上開き
161kwh

2万円前半までの機種では、アイリスオーヤマとハイアールが主流です。

容量 60Lから  100L超まで、サイズは 幅50cm前後、高さ 85cm〜100cm、重さ30kg前後となっています。
これらはすべて直冷式で、一部機種は霜取りにケアする必要があるようです。
右開きを選ぶか、上開きを選ぶかは、部屋のスペースとの兼ね合いです。

価格.comのレビューをみていると、ハイアールについては、低騒音が気になるという人もいるようです。普段いない部屋に冷凍庫を置く場合は問題ないですが、自室に置く場合は注意しましょう。