意外と戸惑う!Googleアナリティクスでデータが取れなくなったときの直し方

ブログ制作

ブログをやっている人でアクセスデータを取っていない人はいないのではないかと思います。Googleアナリティクスは代表的なアクセス解析ツールですが、思わぬことでデータが取れなくなることがあります。そんなときの直し方を解説します。

Googleアナリティクスのデータが取れない!
トラッキングコードをどうやって探すか?
設定は、WordPressのテーマファイルエディターで
それでもデータが表示されない場合は?

スポンサーリンク

Googleアナリティクスのデータが取れない!

ブログをはじめて、最初に行うことの1つがアクセス解析ツールの設定です。
Googleアナリティクスの設定は、あちこちのブログにかかれているので、それをみれば初心者でも設定はそれほど難しくありません。

しかし、なんらかの原因でアクセスデータが急にとれなくなったらどうしたらよいのでしょうか?

私の場合は、Adsenseを利用したときに問題が起こりました。
Adsenseの承認が5回目にして降り、喜んで設定したところ、アクセス数が落ち始めてしまったのです。
慌ててAdsenseの設定を解除し、何日か経ったあとに、Googleアナリティクスのデータが取れなくなっていることに気づきました。

どこをどう直していいのか全くわかりません。

仕方ないので、原点に立ち返ってGoogleアナリティクスの設定を読み直すことにしました。

トラッキングコードをどうやって探すか?

Adsenseの設定をいじっていたときに、誤ってトラッキングコードの設定をおかしくしてしまったのではないかと考えました。

原点に立ち返って、Googleアナリティクスの設定を見直す必要があります。

ただ、一度行った手順なので、はじめての人が行う以下の2つのステップは割愛できます。

Googleアカウントの設定
Googleアナリティクスの登録

時間が経って忘れていたのは、設定したトラッキングコードをどうやって探し直すか、それをどこに設定するかです。

まず、アナリティクスの「管理」にいく必要がありますが、その位置が非常にわかりにくい!左下の歯車マークです。

次に「管理」を開いても「トラッキング情報」のメニューがどこにも出てこない!

これも非常にわかりにくいですが、「プロパティ」の下、右赤枠で囲った下向き▼をクリックすると

プルダウンで2 つのプロパティがでてくるので、赤枠で囲った ”UA-xxxx”のついている方を選びます。

無事、「トラッキング情報」までたどり着けました。

ここから「トラッキング情報」–> 「トラッキングコード」をクリックするとグローバルサイトタグ(gtag.js)の欄に、トラッキングコードが表示されています。(赤枠内)

設定は、WordPressのテーマファイルエディターで

ここまでくれば、あとは簡単です。

プラグインの「All in One SEO」を使うと簡単ですが、ここでは、「テーマファイルエディター」を使って直接HTMLファイルを修正する方法を解説します。

1.WordPressの管理メニューから「外観」–>「テーマファイルエディター」を選択します。

2.右ナビに表示されるテーマファイルから、「Theme Header (header.php)」 を選択します。

3.</head>の直後に、先のトラッキングコードを埋め込みます。

これで設定は完了です。

それでもアクセスデータが表示されない場合

これはあとから気づいたのですが、アクセス数が表示されていなかったのは、もしかするとトラッキングコードの問題ではなく、アナリティクスで見ている対象が間違っていたのかもしれません。

よく見てみると、上部にプルダウンの▼が表示されています。

クリックしてみると、”taruta”と”www.tarura.com”の2つのプロパティが表示されていました。

試しに、下側のUA-xxxxがついている”www.tarura.com” を選択してみると、なんと、データが表示されるではありませんか!

Adsenseを使ったことにより、プロパティが1つ追加され、通常のアクセス分析をするプロパティを押しのけてしまっていたのかもしれません。

ブログ制作
スポンサーリンク
ビビーノ・ワイン
タイトルとURLをコピーしました