【2022年版】同期が切れたEvernoteとWordPressを連携させる法

ブロガーへの道

WordPressでブログを作成する際の下書き用に重宝しているEvernote。WordPressプラグインのEvernoteSyncを使っていましたが、Authorization Tokenの期限が切れて、同期ができなくなってしまいました。復旧方法を書き残しておきます。

Evernoteの Authorization期限
EvernoteSyncの同期方法は?

スポンサーリンク

Evernoteの Authorization期限

ブログ執筆にはなくてはならないEvernote。

WordPressプラグイン「EvernoteSync」のお陰で、ブログ制作が大変楽になりました。

同期後に多少レイアウトの手直しは必要なものの、テキスト・画像とレイアウトをほぼそのままWordPressに下書きとしてもってきてくれるので、重宝します。

さて、EvernoteとEvernoteSyncを使ってブログを再開してちょうど一年が経ちました。

Evernote側で設定していたAuthorizationの期限がきてしまい、同期がとれなくなりました。

“Authorization expired, please reauthorize”とエラーメッセージが表示されています。

すぐにでも同期を取りたいのですが、1年ぶりなので設定方法を完全に忘れてしまっています。

EvernoteSyncの同期方法は?

Evernote側でAuthorization Tokenを発行して、それをWordPressのEvernoteSync側にコピーするのかと思いましたが、Evernote側にそんな項目は見当たりません。

試しに、Authorization Token欄の右下にある「Evernote Authorization」をクリックしてみると、以下のような画面が表示され、

「承認する」ボタンを押すと、あっさりと同期ができるようになりました。

数年前のやり方しか書かれていないサイトが多く、大変戸惑いました。

EvernoteSync自体は3年近く更新されておらず、セキュリティ上は若干心配ですが、使い勝手はやはりよいので手放せません。

2022年の最新の手順は上記の方法になります。

タイトルとURLをコピーしました