テック

ワイヤレス人感センサー チャイム

昨日7月16日、気象庁が「関東・甲信・東北が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

いよいよ盛夏到来です。

なにを隠そう、我が家では、私の部屋だけエアコンがありません。

家を買った時に、家具を揃えるのにいろいろとお金がかかるため、「どうせほとんど会社に行っていて部屋にいないから、エアコンなんていらないよ」と言って買わなかった記憶があります。

まさか、10年後に「どうせほとんど家にいて、会社に行かないから、エアコンは絶対必要」なんて日が訪れるとは・・・誰も想像しなかったですよね。

自室は1階で日陰とはいえ、日中は30度を超えるため、エアコンなしでは普通に仕事ができる環境ではありません。

去年の夏の在宅勤務では、子供もオンライン授業で家にいることが多かったので勤務場所の確保が大変でした。

エアコンの効いたリビングに移動したり、子供が留守の間に子供部屋を借りたり、どうしても場所がとれないときは、自室にサーキュレーターを持ち込んで汗たらしながらビデオ会議したりと、落ち着かない日々を過ごしました。エアコン買わなきゃと家電量販店にも何度も足を運んだのですが、なんかいつの間にか秋になり涼しくなって、買わずじまいで1年経ってしまいました。

さて、今年は、子供部屋が空いたので、仕事部屋に改良すべく、梅雨の時期から、環境を整えてきました。

モニター、キーボードの2台目を買い、つい先日は、高級オフィスチェアも購入し、昼夜問わず快適な環境が完成です。子供部屋は1階の一番奥の部屋なので、近所の喧騒も聞こえず、静かで集中して仕事ができます。

(そのあと、卓上昇降台デスクごと、モニター、キーボードを移動し、もしかすると モニター、キーボードは2台持ちしなくてもよかったのでは???と少し後悔)

ところが、ここで一つ重大な問題が・・・

時間指定の配送物が来ないのでおかしいな とおもったら、ポストに不在票が。

一体いつ来たんだ???

ここではじめて、「玄関の呼び出し音がまったく聞こえない」ことに気づいたのです。

会議のない時間に配達してほしいから時間指定にしたのに、これでは全く意味ありません。なにより、この暑い中、なんども再配達させられる配送の人に申し訳ない。

玄関に 配線工事不要の簡易インターホンをもう一個つけるのはどうでしょうか?

アイホン ドアホン WL-11 ワイヤレス インターホン 16,500円

日本製の信頼のメーカーでは 1万円超え。人が来たかどうかを確認するだけなのに、ちょっとオーバースペックです。

数千円くらいのないかな?とさらに探し続けると、Ririhuanという何やら怪しげなメーカーの安価なドアホンを見つけます。

ワイヤレスインターホン 無線WiFi スマホ対応 ビデオドアホン ¥5,680

映像は Wi-fiで飛ばしてスマホで確認できるとのこと。発想はとてもいいのですが、本当に機能するのかと、実装面で不安が残ります。

玄関のドアホンは機能しているのに、もう一台、横に取り付けるのもどうでしょうか?

ボタンが2つもあるとどっちを押したらいいのか配達の人が混乱するのでは?と思い、別の方法を探します。

2階のインターホンの受話器のところに、ワイヤレス小型マイクを設置して1階で音声が聞こえるようにするのはどうでしょうか?

ワイヤレスマイク2.4G ヘッドセット ピンマイク XIAOKOA ¥3,660

これもXIAOKOAというなにやら中国メーカーっぽいニオイがぷんぷんします。(笑)

1日1回来るか来ないかの人を見張るために、2階でずっと電源ONにしているのも、電気を無駄遣いし、あまりエコではないと考え直します。

いろいろ考えたのですが、最終的に、玄関に「ワイヤレス人感センサー」というものを置いてみてはどうか?と思いつきます。家の外の人の動きをセンサーで検知し、ワイヤレスで室内にある受信機に知らせ、アラームを鳴らすものです。

リーベックス(Revex) ワイヤレス チャイム Xシリーズ 送受信機セット 人感センサー X850

¥3,980

リーベックスは、防犯機器を扱う、きちんとした日本のメーカーです。

しかし、Amazonレビューをみると センサーの性能がよくないようです。

防水性能もないようなので、ペットボトルを工作して雨除けカバーにしているとのレビューもあります。

「人感センサー チャイム 防水」でもう一度調べ直します。

中国メーカーと思われる製品が多数でてきて、どうもいまいちピンときません。

仕方ないので、現時点でもっとも良さげなリーベックスのX850をAmazonでポチッとします。センサーの設置場所や防水対策は、実物をみてから考えましょう。

後日、使用レポートを書きます。