テック

Wi-Fiルーターの性能評価大会 

さて、ついに我が家にBaffaloのWi-FiルーターWSR-2533DHP3がやってきました。

その性能はいかがなものでしょうか。3台ならべて性能テストをしてみました。

メーカー
Buffalo
ZTE
Buffalo
機種名
WHR-1166DHP4
ZXHN F660A
WSR-2533DHP3
5GHz帯速度
最大866Mbps
最大450 Mbps
最大1,733Mbps
2.4GHz帯速度
最大300Mbps
最大450 Mbps
最大800Mbps
アンテナ
5GHz/2.4GHz 各2本
送信3 x 受信3
5GHz/2.4GHz 各4本

テスト環境

ZTE端末は、NURO光の回線から直結。2台のBuffaloルーターは、ZTEののLANポートと1,000MbpsのLANケーブルで接続。Macbookで3台のルーターにWi-Fi接続し、速度をGoogleの「インターネット速度テスト」で測定。
ルーター群は2階にあり、通信を主に行うリビング、仕事部屋、自室、寝室の4箇所で測定

それでははじめてみましょう。

 

2階リビング

機種名
WHR-1166DHP4
ZTE ZXHN F660A
WSR-2533DHP3

ルーター群から直線で3mも離れておらず、かつ、遮るものがなにもない状態です。ZTEと新しいBuffaloは、ほぼ同じ速度。古いBuffaloは、両者の2/3程度の速度がでています。

1階自室

機種名
WHR-1166DHP4
ZTE ZXHN F660A
WSR-2533DHP3

ルーターの斜め下方向に位置します。ZTEと新しいBuffaloには、速度の劣化はみられませんが、古いBuffaloには1/5程度まで顕著な速度低下がみられます。

1階仕事部屋(子供部屋)

機種名
WHR-1166DHP4
ZTE ZXHN F660A
WSR-2533DHP3

ルーターのほぼ真下に位置します。ZTEには、多少の速度低下がみられます。古いBuffaloには、ダウンロードで2割ほど、アップロードに1/3以下まで速度低下がみられます。

1階寝室

機種名
WHR-1166DHP4
ZTE ZXHN F660A
WSR-2533DHP3

階段、扉など途中遮るものが多く、ルーターから最も遠くに位置します。新しいBuffaloには速度低下がまったくみられませんが、ZTEには、かなりの速度低下がみられます。古いBuffaloは更にひどく1/3〜1/4程度まで速度低下がみられます。

以上、WSR-2533DHP3は、家のどこにおいてもほぼ速度低下は見られず、期待以上の性能をみせてくれました。

どういう技術的仕組みで実現しているかはわかりませんが、これで、我が家のネットワーク環境は改善されました。