生活向上

在宅勤務ランチ問題の救世主となるか!? 高級冷凍食品を試してみた

在宅勤務1年5ヶ月目。最近 平日はすっかり出不精になってしまい、平日一日の平均歩数が1,500歩を切ってしまいました。

健康面でかなり危機感を感じております。

以前は ランチは、運動がてら買いに行ったり食べに行ったりしていたのですが、最近仕事が忙しくなり、家にあるもので済ませることがすっかり多くなってしまったのです。

そんな中、重宝するのが冷凍食品。

よく利用させてもらっているのは、広瀬すずが「うちの餃子は日本一」と宣伝している味の素の冷凍餃子とか

先日休養発表した深キョンが宣伝する 「ゴロゴロ焼豚のニチレイ 本格炒めチャーハン」とか

冷凍食品全般に味に定評のある テーブルマークの「筍入り あさりご飯」とか。

チャーハンや混ぜごはんなどの米飯ものは、フライパンで軽く炒めるとおいしいですよね。

ただ、これらも、週に何回も食べるのは無理があり、たまには特別な冷凍食品ランチをしたいものです。

そんな中、最近試した 明治屋で買える 割と「高級な」の冷凍食品の食レポです。

いずれも、作って食べおわるまでの所要時間は30分以内。


長崎皿うどん(1)

商品名
長崎で作った皿うどんです。
製造元
長崎・和泉屋
購入場所
明治屋
金額(税込)
680円
セット内容
計367g(めん70g、具[スープを含む]297g)
調理方法
鍋に水180ccを沸騰させ、凍ったままの具材をいれて約2~3分加熱。
(裏面 なし)
講評:
皿うどん・ちゃんぽんといえば、「リンガーハット」を思い浮かべる方も多いとおもいますが、家で本格的なもの(長崎○○というもどきではなく)を食べたいと思ったときに食べられるよう、買い置きしておいたのがこちら。
パリパリの揚げ麺が入っているため、冷凍庫のスペースをかなりの厚さで専有します。魚介類、野菜の種類が多く、具全体が多いので食べごたえがあります。

長崎皿うどん(2)

商品名
長崎 皿うどん
製造元
みろくや
購入場所
明治屋
金額(税込)
794円
セット内容
計263g(めん60 g、具 175 g、スープ26 g )
調理方法
鍋で水220cに粉末スープを溶かし、解凍した具材と共に煮立てる。
講評:
「長崎で作った皿うどんです。」の隣に陳列されていたので、食べ比べてみようとおもって買ったのがこちら。スープが粉末であること以外は、鍋で調理するところも変わりません。味も甲乙つけがたいく、おいしいです。具材は、こちらのほうが多いような気がします。

青椒牛肉絲

商品名
直火炒め 青椒牛肉絲
製造元
フーズパレット
購入場所
明治屋
金額(税込)
702円
セット内容
150g
調理方法
皿に載せ、電子レンジで 約5分(500Wの場合)

講評:
おかず1品で 700円!? と尻込みしていたのですが、思い切って買ってみました。調理見本が水っぽくなっているのは、私の調理ミスです。「必ずこちらの面を上にして加熱ください」と書いてあるのをよく見ないで、上下逆向きに電子レンジで加熱してしまったのです。このタイプのものは水蒸気が袋の上面から吹き出して袋の破裂をふせぐのですが、逆向きだと吹き出した水蒸気が皿にあたって水滴となり、袋が水浸しになってしまいました。異音に気づいて袋を救済するも、袋の中に水滴が入ってしまい、この結果です。肝心な味ですが、本格中華です。タケノコがメンマのようにフニャシャキっとしているのが驚きでした。手間がかかっています。

お好み焼き

商品名
芦屋 伊東屋謹製 お好み焼き(2枚入り)
製造元
イトー屋
購入場所
明治屋
金額(税込)
702円
セット内容
お好み焼き200g x 2枚(その他にソース、粉鰹、のり)
調理方法
皿に載せ、電子レンジで 約5分(500Wの場合)。
(調理 写真なし)
講評:
お好み焼きといえば、千房や鶴橋風月のお店を関東でもよくみかけますが、こちらのお店はなじみがありません。手頃な値段なので試してみました。ふわっとした生地に仕上がっています。レンジで加熱後、フライパンで両面を軽く焼くと、表面のカリカリ感がでて一層おいしくなります。

スパゲッティ

商品名
シェフの休日 絶望スパゲティ(鰯と香味野菜のペペロチーノ)
製造元
ピエトロ
購入場所
明治屋
金額(税込)
1,080円
セット内容
290g
調理方法
電子レンジで、約6分(500Wの場合)
(裏面 なし)
講評:
ネーミングと値段で、かなりの期待感をもって購入したのですが、実食後の感想は「期待はずれ」でした。
イワシと香味野菜でパスタソースをつくっており、なかなか味わえないものだとはおもいますが、イワシと聞くとどうしても高級感が薄れ、その価格から期待される味とのギャップが、心理的にマイナスに働くのでしょう。
これに1,000円払うなら、もう数百円だして、五右衛門のパスタを食べに行ったほうが良い気がします。

以上、「プチ」高級冷凍食品レポートでした。