もうためらわない!【2022年版】デュアルSIM移行 完全ガイド

デュアルSIMガイド

デュアルSIMに興味があるが、面倒くさい、やり方がわからない。
デュアルSIMにすると料金がかかるのでは?
格安SIMを使うとサービス品質が心配。
そんな人のために、デュアルSIMをはじめるのに必要なすべての情報をまとめました。

なぜデュアルSIMに踏み切れないのか?
意外と簡単:デュアルSIMを始めるまでの手順
デュアルSIMにする目的は?
両立可能:月額料金を抑えてデュアルSIMにする方法
誤解も多い:格安SIMのサービス品質

スポンサーリンク

なぜデュアルSIMに踏み切れないのか?

2022/7/2 に発生したKDDIの通信障害をうけて、デュアルSIMに再び注目が集まりました。

過去 NTTドコモ(2021年)、ソフトバンク(2018年)でも大規模通信障害が発生しています。
そのときにも「自衛策としてデュアルSIMにしたほうがいい」という議論が起こりましたが、ブームはすぐ下火になりました。実際にデュアルSIMに変えた人はごく僅かでしょう。

なぜデュアルSIMにするのをためらってしまうのでしょうか?

それには大きく3つの理由があると思います。

1.契約・設定が面倒そう
2.月額料金が高くなる
3.格安SIMのサービス品質が心配

1.契約・設定が面倒そう

デュアルSIMにする場合、eSIMを使う場合があります。

普段使い慣れたSIMカードとは違うものを取り扱うのは、面倒と思う人も多いでしょう。

2.月額料金が高くなる

現在の携帯電話の月額料金でも高いと思っているのに、もう1本 通信回線を契約する経済的負担を気にするのも当然です。

3.格安SIMのサービス品質が心配

「安かろう悪かろう」で、月額料金が安い格安SIMは、回線速度の制限があり、「快適に利用ができない」という漠然とした不安があります。

これらの心配事は、以下に説明することで解消される場合があります。

意外と簡単:デュアルSIMを始めるまでの手順

「契約・設定が面倒そう」

ユーザーがデュアルSIMにするのをためらう、大きな理由の1つです。

しかし以下のステップでデュアルSIMを比較的簡単に始めることができます。

ステップ1 eSIMについて理解する
ステップ2 デュアルSIMにする目的を確認する
ステップ3 格安SIMを選ぶ
ステップ4 eSIMの申込と設定
ステップ5 利用開始!

参考記事)デュアルSIMを検討する前に 知っておきたいeSIMの基礎知識

デュアルSIMにする目的は?

ユーザーがデュアルSIMに変えたいと思うタイミングは大きく2つあると思います。

1.プライベートと仕事で携帯を使い分けたい
2.通信障害に備えたい

「なんのためにデュアルSIMにするのか?」が自分の中で明確になっていると、2つの通信回線を選ぶときに、決断がしやすくなります。

1.プライベートと仕事で携帯を使い分けたい

転職先の企業で、携帯電話が支給されなかった。

個人携帯を業務利用する機会が増えてきたので、費用請求できるように明細を分けたい

2.通信障害に備えたい

いま、注目を集めているのは、明らかにこちらの理由でしょう。

携帯は日常生活だけでなく、業務にも欠かせないものになりました。

PayPayやLINEペイなどのQRコード決済も以前に比べたら格段に利用頻度があがっています。

また配送業者など、地図アプリや配送システムを利用している方は 数時間でも通信障害があると業務上深刻なダメージを受けることになります。

「高い月額料金を払っているので、サービスを止めないのは当たり前」というような意見もあります。

しょせん人間が作ったシステムなので、「絶対大丈夫」というのはありえない というのは認識しておいたほうがいいでしょう。

過去4年間で起きた大規模通信障害の一覧です。

影響を受けた人の数
発生日 キャリア 音声通信 データ通信 復旧までの時間
2018年12月6日 ソフトバンク 3,060 万回線 4時間25分
2021年10月14日 NTTドコモ 460万人 830万人 29時間
2022年7月2日 KDDI 3915万回線 86時間

2018年12月 ソフトバンク株式会社から提出された重大な事故報告書の受領 (総務省)
2021年10月  ドコモの10月通信障害、延べ1290万人に影響 (日経新聞)

2022年7月    KDDI、数百万人に補償へ 通信障害で最大規模 28日にも報告書  (時事通信)

どのキャリアに移動しても、通信障害は起こりえます。

ユーザーには、キャリアを選ぶ自由があります。

携帯電話会社に文句をいうだけでなく、利用者側でも自衛策をとってもよいのではないでしょうか?

両立可能:月額料金を抑えてデュアルSIMにする方法

「追加で回線契約をするので、月額料金が上がるのでは?」と心配になり、デュアルSIMにするのを見送る人は多いと思います。

結論からいうと、格安SIMを組み合わせることで、月額料金を維持したまま、デュアルSIMを始めることは可能です。

以前の契約内容や、利用形態にもよりますが、場合によっては、月額料金を下げることも可能です。

格安SIMを自由に選択できるよう、携帯料金プランの変更や機種変のタイミングがおすすめです。

参考記事)
【2022年7月】eSIM対応 月額1000円以下の格安SIMのオススメは?
【データ容量別】通信エリアも広い、月額料金最安のデュアルSIMの組み合わせは?

誤解も多い:格安SIMのサービス品質

格安SIMにすることで、心配なのはサービス品質です。

今一度、認識しておきたいのは、格安SIMで制限されるのは、通信エリアではなく、通信速度だという点です。

必要な速度については、ユーザーが何をするかで変わってきます。

心配な方は、あらかじめ、みんなのネット回線速度(みんそく)  の格安SIMの通信速度ランキング などの比較サイトで調べておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました