テック

最新オーディオ機器の実地調査 (2021/7)

スピーカーについて家の中であれこれ調べているのも飽きてきたので、百聞は一見にしかず、ヨドバシにいって最新製品をみてきました。

まず目についたのが、SONYのBluetoohスピーカー SRS-XB23。縦置き・横置きに対応した製品で、SONYらしい斬新は発想。縦置きはステレオに対応せず、ステレオにしたければ横置きにする必要がありそうです。ヨドバシ価格は12,100円。ネットでは 11,890円が送料込みの最安値ですが、10%ポイント還元を考えるとヨドバシのほうがお得です。

横置きはステレオ
縦置きはモノラル?

5/28に販売開始されたばかりの小型スピーカーSRS-XB13もありましたが、このサイズになるとJBLなどの他社スピーカーとぱっとみ明確な違いが感じられないため、こちらは見送りです。

次に目についたのが、DENONのネットワークスピーカー DENON HOME 150。12cmx12cmx 高さ19cmのどっしりとした形も斬新ですが、なにより音の良さに惹かれました。ただ、値段が大幅にアップして 3万円代。ちょっと即決はできません。他のコーナーも見てみることに。

DENONは1万円を切る小型スピーカーDSB-50BTも出しているようですが、先にHOME 150をみてしまうと食指が動きません。

他にはJBLやCreativeなどいろいろな色、形のものがBluetoothスピーカーコーナーで大きなスペースを陣取っていますが、音質やデザインに特に興味をひかれるものがなく、通過です。

BOSEコーナーは価格が高いし、音が好みではないので素通りし、ミニコンポコーナーへ移動します。

SONY, KENWOOD, ONKYO, Panasonicなど主要メーカーの1万円代のミニコンポが展示されていますが、どれも無難なつくりで特に惹きつけられるものはありません。しかも品切れを起こしているものが多い!

SONY CMT-SBT40

そんな中、音質が非常に好みだったのが、これまたDENONのCDレシーバーRCD-M41とDALIのスピーカーSPEKTOR 1のセット。総額5万円超えとなってしまいますが、音量大きくしてしばらく聞き惚れてしまいました。

オーディオ初心者なものですから、DALIのスピーカーというのは初耳でしたが、調べてみると1983年設立のデンマークのハイエンドスピーカー専門メーカーだそうです。数万円から100万円近いスピーカーのラインアップを持っています。この2万円代のものは一番安いもののようです。

本日時点の結論としては、

1万円ちょっとなら、SONYのSRS-XB23

3万円近くまで出せるのであれば、DENONのDENON HOME 150

5万円まで出せるのであれば、DENONのCDレシーバーRCD-M41とDALIのスピーカーSPEKTOR 1のセット

DENON RCD-M41

といった感じでしょうか。3万円、5万円のものを購入するには、ちょっと株で一儲けする必要がありそうです。(笑)「これ以上、ものを増やさないで」とのたまう妻を説得するのも一苦労です。

家電量販店は、半年に一度は全フロアー巡ってみないと時代の変化に取り残されてしまいますね。

世界的な半導体不足の影響なのでしょうか、在庫切れを起こしている製品が相当数見受けられたのが気になりました。